2006年02月20日

あ〜、わかった

カーリングの小野寺選手。



オリンピックに出てる人ね。



なんかネコ科っぽい顔だからか
「この顔すきだなー。」と思ってTVを見ていたら
なにか見たことあるな…。となりました。



なんのことはない
(?)

トトロに出てくる、ネコバスではないですか。
これで安心して眠れそうです。
posted by イエフォクアラワグス。 at 23:47| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

鷲や鷹や鳶、もしくはほこり。

ふと、
生まれ変わったら何になってみたいかを考える。



鷲や鷹や鳶、もしくは「ほこり」なんかがいいんじゃないかと思う。



やっぱり一度くらいは
空を飛んでみたいので、鳥だろうなぁ。
なるとしたらワシやタカやトンビがいいかなぁ。
(↑違いがよくわからない)



以前、川沿いを歩っていたら
鴉(からす)・鳩(はと)と共に制空権を争っていた。

ワシやタカは山や岸壁にいそうだから、
やっぱりトンビだったかな。

羽根を大きく広げて飛んでいた、
風を受けて、スィーっと。
ゆったりとしている優雅さや、しかし野生の荒々しさも併せ持ったトンビ他二種。
「うーん、心惹かれる。」




続きまして、ほこり。



・花粉と共に日本全国を飛び回り、たまに人間の体内にはいってくしゃみで追い出され鼻水まみれになる。

・夏の暑い日に稲妻に焼かれる。

・花火が直撃。

・雨に絡めとられて地面に叩きつけられる。

・風にもてあそばれ成層圏まで飛んでいく。

・寒い日に雪となって地面に落ちていく。

・よくいる雪を食べたがる子供にひょいと食べられて消化→成仏(?)。



そんな「一ほこり」としての波乱万丈を思い描くが、
結局は忘れ去られた建物の中で
永久に降り積もっているだけなのかもしれない。
とも思う。


「うーん、それもまた良し。か。」


…。


という具合に、考え事をしていた昼飯時でした。
まだどちらにしようか決まりそうにありません★

posted by イエフォクアラワグス。 at 14:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

雲を待つ君

きみは、雲を待つ。




さしずめ「雲を待つ君」



雲を待つきみはうつくしい。



待ち焦がれるきみはいつまでも

待ち続けることを楽しむよう。



しかし雲はいつの日か

必ずいつか、やってきてしまう。






きみは、雲を待つ。




さしずめ「雲を待つ君」


葉の上に座り雨を待つ。



待ち続けるきみはいつの日か

やってくることを知っている。



自分を潤すそのものを

きみは今も待ち続ける。






きみは、雲を待つ。




やっぱり「雲を待つ君」みたい


見える景色のさらに遠く

ずっと向こうを見つづける。



待ち焦がれるきみはうつくしい。



そしていつかはやってくる

いつかはと今も信じている。





きみ達は、親を待つ。




こんどは「親を待つ君達」(複数形)


疲れて空から帰っても

きみたちは親を放さない。



たっぷりと吸い込んだら

次はきみ達が与える番。
posted by イエフォクアラワグス。 at 10:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コトバメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。