2007年01月07日

眠りへ

電気を消し、眼を閉じる。
すると
自分の体が
どこからどこまでなのかがわかる。
右手、親指の付け根、人差し指から小指までの指先。
左手は胸に
左脚のすねは右脚のふくらはぎと重なり
上から包む布団が体全体の輪郭を感じさせる。


電気を消し、眼を閉じる。
すると
体全体の輪郭を感じ
そして
自分の心が
ぼんやり形作られる。
もう少し、このまま考えていたい。
そのまま、ゆっくりと。
ゆっくりと眠りへ。
posted by イエフォクアラワグス。 at 23:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。