2007年07月16日

雨の音

ふと感じた。
雨の音はどこからくるのだろう。

雨と雨がこすれる音?
雨が何かにぶつかって当てる音?
(たとえば地面とか)

それとも雨が切る風の音か、
木々の葉がこすれる音か。

雨の日の音って晴天のときと違う音響効果がある。
車が通るだけで
「…ゃゃゃしゃぁぁぁあああああおおおうぅぅぅんんんん……。」
と聞こえる。


ところで雨って交わるのだろうか。
車のフロントガラスをしばらく見つめても、中々同じところに落ちてこない。
落ちながら交わることもないのか。
風に乗り波を打ちながら下へ下へと落ちていく雨粒は、一定の間隔を保っているように見える。




そういえば風の音も不思議だ。
今度は風の音について考えてみよう。
posted by イエフォクアラワグス。 at 20:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。