2005年01月21日

目をあけるだけで、いいよ

歩いてる  1人で
目をつむると世界がとじる
まだ歩いてる 暗闇の中でもまだ
目をひらくとそこは どこか
息は白い
自転車にのる 走りだす
馬 走る 馬
たてがみからきらめく
きらめくツブ
ツブが落ちる、しずく
(ピチョン、ポタポタ)
-風呂場-
壁(タイル)とタオル
背中、湯船の中、暗い、背中(女)



くらい、何もみえない
線だ
前に進んでるみたい
カーブもある、まっすぐも
(ぐにぐに)
目をあける
道だ、ぼくの知ってる道
走ってる
自転車こいでる
ぼくの知ってる道
電気(灯)がとおりすぎていく

posted by イエフォクアラワグス。 at 23:55| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | まぶたの裏の映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。